irodasSALON

外を見よう。素晴らしいものが世界にはたくさんある。

概要 【目指すは遊休資産価値イノベーションNo.1!】
遊休不動産にITと独自オペレーションで価値を創造する不動産テック企業。活かしきれていない不動産の用途を再定義し収益最大化に必要なオペレーション技術とサービスを開発提供しています。月極駐車場の探し方を再定義、貸会議室の使い方を再定義、シェアオフィスのカテゴリーを再定義して新たな価値を創り上げることで収益最大化を実現しています。

実績:日本最大規模の月極駐車場探しポータルサイト「アットパーキング」取り扱い22万6千箇所、貸会議室「アットビジネスセンター」累計運営実績291部屋7484席。
所在地 東京都港区南青山2-2-8 DFビル3階

事業内容

「月極駐車場」のビジネスモデルを変えて、未来社会に新たな価値を創造する

「月極駐車場」のビジネスモデルを変えて、未来社会に新たな価値を創造する

■なぜいま月極駐車場なのか?

世界に稀な高度成長を遂げ膨大な固定資産を作り続け、
そして今、人口減少と長寿社会を迎える日本には
遊休資産が膨大に溢れてきています。

小資源国の日本では、この遊休資産に新たな価値を創造し、
未来へ遺すことが私たちの使命です。

創業以来、遊休資産を独自のオペレーションで価値創造
してきた当社が、将来最も成長すると選んだのが、
見向きもされずに放置されている膨大な月極駐車場です。

■賃貸駐車場市場は約3,100万台と推計される

駐車場と聞くとコインパーキングや、話題のシェアリングをイメージするかもしれませんが、
実は駐車場マーケットを占める割合は約20%程度です。
残りは全て月極駐車場。しかし、月極駐車場におけるソリューションを提供している会社はほとんどなく、
月極駐車場のビジネスビジネスモデルは50年間イノベーションが起きていないとも言われています。

それはなぜか?
月極駐車場を運営する不動産オーナー様はビルやマンションの空室に目が行き、
管理会社様は掛かる工数に対するフィーの低さから積極的にならないために、
月極駐車場を完全に網羅したデータベースがありません。

つまり、月極駐車場を借りたい方はいまだに情報が整備されていないために、
契約して使い始めるまでにかなりの時間を要している状況です。

私たちはそんな月極駐車場の問題をITの力で解決し、
ステークホルダーとなるオーナー、管理会社、利用者それぞれの問題を一気に解決すべく、
『アットパーキング』というサービスを作りました。

実際専用の駐車場のポータルサイトを運営し、年間問合せ件数40,000件以上!
集客力累計成約台数10,000台以上の圧倒的な実績をつくっています。

また、駐車場オーナーや管理会社に向けて、業界で唯一のITサービスを提供。
業界初のQRコード付看板による空き待ちシステム「アキマチ™」を始め、
独自のシステムで大幅なコスト削減や手間の削減を実現しています。
さらには機械式駐車場のコンサルティングなども。

■ゆくゆくは日本唯一の月極駐車場インフラとなり、新たな価値を創出

今まで単なる車置き場だった場所は、モビリティ革命において【車ステーション】という
重要な役割を担うと考えています。

ITと独自のオペレーションによる月極駐車場革命に向けて、
私たちは走り続けます!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1)駐車場総合マネジメント事業
月極駐車場のオーナーが安定的な収益を確保し、資産としての価値を向上させるための5つのサービス(サブリース、月極駐車場検索ポータルサイト、機械式再生コンサル、BPOサービス)「アットパーキング(https://p-consultant.jp)」を提供しています。 

2)貸会議室事業 
東京・横浜・大阪の駅近で会議室「アットビジネスセンター(https://abc-kaigishitsu.com)」を運営。必要なときに、必要な場所で、必要な時間だけ活用したい利用者に貸し出しています。 

3)レンタルオフィス事業 
起業したての企業に向けて、初期費用やランニングコストを抑えたインキュベーション型レンタルオフィス「インスクエア(https://in-sq.com)」を運営。事業を成功に導くためのサポートを行っています。 

4)ビル管理事業 
空室でお困りのオフィスビルオーナーに対して、セミナーやコンサルティング、ビルメンテナンスやプロパティマネジメントなどを行い、資産価値を高めるお手伝いをしています。 
(https://www.hw-pm.jp)。

私たちの働く”意義”

『Mission✖Vision✖Value』を体現し会社にも、社会にも、自分の成長にも貢献した頑張りが評価されMVP賞!

『Mission✖Vision✖Value』を体現し会社にも、社会にも、自分の成長にも貢献した頑張りが評価されMVP賞!

◆『ハッチ・ワーク』という社名に込められた想い◆
スタートアップ等で使われる「孵化する」(HATCH)という言葉と、単に労働という概念を超えた、世の中の仕組みや経済活動全体の「はたらき」(WORK)が相互に作用することで、世の中に価値を生み出し続ける個と組織であり続けたいと考えて命名しました。

そして経営理念となるミッション、社会においてどのような価値、存在意義を発揮していきたいかを次の言葉に込めました。

<Mission>
【温故×創新(おんこそうしん)】LEARN OLD, CREATE NEW VALUE.
~まだ世の中に無い独自の発想から資産の新たな価値を生み出しその仕組を創造することで社会永遠の発展に貢献する~

<Vision>
『遊休資産価値イノベーションNo.1』

<Value>
外を見よう。素晴らしいものが世界にはたくさんある。

私たちは全く新しい事業を起こす、というよりは『価値を失ってしまった何か』を資産と考え、その資産を土台に新たな価値を作ったり、コンテンツを再定義したり、そうして価値を『HATCH』させていく会社です。その想いを、理念を、目標を、私たちと一緒に目指しませんか?
イベント情報はこちら