irodasSALON

“はたらくひとのワクワクを創る”

概要 私たちは、はたらくすべての人に「ワクワク」をつくり、 未来に向かって最高のチームをつくり上げます。

一人ひとりがゴール(目標)に向かい、自己成長とゴールに近づく姿に ワクワクできる。
一人ひとりの目標はさまざまだけど、一つのゴールに向かって進んでゆけるチーム。

社員は目標に向かい、社長は社員と向き合う。
仕事が楽しいと思い、自発的に稼げる社員を増やす仕組みを、 会社に合わせてオーダーメイドで創り上げます。
所在地 東京都中央区銀座6-10-1  GINZA SIX 11F

事業内容

人事評価サービスを通じて、市場価値の高い人材へ

人事評価サービスを通じて、市場価値の高い人材へ

どんな会社も望んでブラック企業と呼ばれているわけではありません。どう頑張れば「評価されるのか」「給与が上がるのか」が社員に伝わっていないことが原因です。あしたのチームは、報酬連動型人財育成プログラム・人事評価クラウドで、頑張った人が報われる社会を目指しています。取引実績企業数は設立11年目で2,500社以上。自らも四半期毎の人事評価制度を運用し、1年で4年分、つまり他社の4倍のスピードで成長できる環境です。

【従業員と企業、人事に関わる双方の悩みを解決する】
求職者に有利な売り手市場の中、より良い環境を求めて転職する人材が増加。企業にとって優秀な人材が流出しやすい状況は業績に関わる一大事です。従業員の退職理由で一番多いのが、「頑張りに見合った給与」がもらえないということ。つまり、優秀な人材を繋ぎ止めるカギは「頑張りに見合った給与」にあります。そこで、従業員一人ひとりの頑張りを正当に評価するために、人事評価制度を必要とする中小企業が後を絶ちません。実際に、私たちのもとに寄せられる新規のお問い合わせ件数は20倍に増加。すでに千数百社を超える企業に選ばれています。

【クラウド化により中小企業にとって身近な人事評価制度を実現】
企業側は人事評価制度について、どう考えているか。私たちの調査によると、人事評価制度に満足している中小企業はわずか2%。つまり、残り98%は不満を抱いていることになります。さらに、人事評価制度の導入に関わる経営者・人事担当者の悩みで一番多いのは、「人事評価と報酬との関連性が持てない」という結果が出ました。このように、従業員の不満と一致しているのにも関わらず、人事評価制度を整えている中小企業は数少ない実態があります。それもそのはず、企業が人事システムを導入すると、構築だけで数百万円かかるのが当たり前。中小企業にとって、手を出しにくい価格です。そこで私たちは、人事評価制度の運用サービスをクラウド化し、コストや手間を軽減。これまでの常識を覆し、中小企業でも導入しやすい価格を実現しました。

【社会性と独自性のある人事評価事業で日本を元気にする】
成果を出しても評価されないと感じると、頑張っていた人が頑張らなくなってしまいます。しかし、人事評価制度を正当に運用すれば、社員の定着率はもちろん労働生産性もアップ。一方で、少数精鋭の中小企業には、組織立った人事部門がないケースが珍しくありません。そこで、私たちが経営者・人事担当者に寄り添い、同じ目線で人事の悩みをサポート。中小企業に欠かせない存在になっていきます。私たちが手がけた人事評価制度が企業に根付き、社員や組織の成長に貢献。あしたのチームが介在することは、企業の経営を好循環させ、やがて日本経済の成長に繋がっていきます。そう信じて、自社で人事評価制度の運用も徹底して行ってきました。自社で実現できないことは、他社に提供できないと肝に銘じ、引き続き自社で体現していきます。

私たちの働く”意義”

中小企業にこそ必要とされる、人事サービス企業へ

中小企業にこそ必要とされる、人事サービス企業へ

""はたらく人のワクワクを創造し、あしたに向かって最高のチームをつくる。""

性格も能力も異なるさまざまな個性が、ひとつの目標に向かって一丸となって進んでいける。
私たちは、そうした一体感ある組織をチームと呼んでいます。そして、働く人が活き活きと仕事に取り組む、それぞれの企業にとっての最高のチームづくりをお手伝いします。


""中小企業にこそ必要とされる、人事サービス企業へ""

人材を育てる「評価」「採用」「教育」「労務」は、企業が成功し続けるための最重要課題です。しかし、多くのベンチャー企業や設立間もない企業では、未だに部長やマネージャークラスが本来の業務の片手間に行っています。そのような中で強いチームづくりを行うことは、なかなか難しいのが現状です。私たちは、社員100名以下の企業には人事部が必要ないと考えておりますので、あしたのチームは、人事に関するあらゆるサービスをワンストップで提供し、企業を人事分野全般でサポートしていきます。これらのサービスを通じて、中小企業にこそ必要とされる「人事サービスの大衆ブランド」を目指します。


""あしたの5バリュー""
あしたのチームが大切にしている価値観を体現し、「行動指針」として掲げました。

# 01_一人称として語れる人
何事においても「自分ごと」として物事を考えられる人は「自分」を主語として、自分の言葉で語れる人である。自分の言葉で語ることで、強い自立心や責任感が生まれ、「自立型人材」へと成長していく

# 02_ギブアンドテイクの精神が高い人
相手から貰う事を望むのではなく、相手にとって、まずは自分自身が有益である人材になることが大切であり、相手のメリットを考えた言動を継続することが、結果、自分に恩恵が返ってくることになる

# 03_付加価値の高い仕事にやりがいを感じる人 (=情けは人の為成らず)
我々の仕事は、人工知能が代替できるような単純作業ではなく、難易度が高く、付加価値の高い仕事である、成長欲、向上心、探究心を持ち合わせている人は、常に付加価値を追求し続ける事ができ、この継続こそが、自己成長を加速させ、自身の市場価値向上へと繋げることができる

# 04_高いホスピタリティをもって業務に臨める人
中小企業の経営者が人事評価制度の導入を決定することは、家族よりも大切な社員を守り、自身が人生を賭けてやってきた会社の大切なものに触れることであるため、強い意思決定が必要とされる。三千万円の車、一億円のマンションを購入するよりも少額ではあるが、金銭では計り知れないその決断を経営者に迫る我々の営業は、究極のBtoC営業である。さらに間接部門においても、お客様に対して、【全員営業】という気持ちで、高いホスピタリティを持って対応してもらいたい

# 05_当たり前の礼節をわきまえられる人
我々の提供しているサービスは、中小企業の経営者から厚い信頼を得ないとできないビジネスである。60代、70代のビジネスパーソンの方々にも受け入れられるような人材であることが大切であり、それは、当たり前の礼節(遅刻しない、敬語を使える、身だしなみが整っている等)が当たり前にできることである
イベント情報はこちら