irodasSALON

「Re:paint!!」の参加者インタビュー!

みなさんこんにちは、関西外国語大学の吉本幹太です!

前回に引き続き今回の記事でも、irodasのインターンシップ「Re:paint」についてお届けします!今回はさっそく3人の学生にインタビューをしてきました!
インタビューを進めて行く中で3人のこのインターンシップへの参加目的や思いを伺ったのですが、

熱い・・・!

就職活動を通して大きく自己を成長させよう!という思いに僕もつい涙をしたりしなかったり・・・(と言ってる僕も就職活動中なんですけどね。笑)

とにもかくにもです!

今回は3人がこのインターンシップを通して成長する様子を皆さんにお伝えいたします!!

参加者紹介①

まずは1人目!
西田奈央さん!

null

同志社大学経済学部。いつもニコニコ笑顔でアルバイトはケーキ屋さん。(可愛いですね・・・)

そんな彼女のRe:paintに参加した目的は、「何があっても揺るがない自信の確立」だそう…!
西田さんに詳しく聞いてみました。

吉本:Re:paintの参加目的は?

西田さん:Re:paintに参加し、個人・チーム・全体としての目標を達成することで、就職活動で壁にぶつかった時はもちろん、社会に出て困難に直面した時など、どんな壁にぶち当たっても自分なら乗り越えていけると思えるような揺るがない自信を確立したいと思って参加しました!

吉本:「自分を塗り替える!」というテーマのインターンですが、あなたの乗り越えるべき弱さはなんだと思いますか?

西田さん:私には難しい、私には出来ないというネガティブな思い込みから自分の可能性を狭めてしまい、何事にも挑戦せずに逃げてしまうところが私の弱い部分なので、この弱さに向き合って乗り越えていきたいです!

吉本:どんな40日間にしていくか?意気込みをお願いします!

西田さん:理想の自分を目指して、40日間全力で取り組みます!40日後、irodasの社員さん、特に私のメンターである安本さんに「成長したなぁ」って言わせたいです!(笑)

参加者紹介②

2人目は石川愛梨さん!

null

関西学院大学総合政策学部。サッカーサークルで幹部を務めている元気女子。小柄な見た目とは裏腹に、どうやらお酒が強いらしい・・・。

そんな彼女の参加目的は「弱さと逃げずに向き合うこと」
こちらも詳しく聞いてみました。

吉本:Re:paintの参加目的は?

石川さん:自分の弱さとしっかりと向き合う力をつけたい、そして自分の理想像を明確にすることで自分はどういう人間なのかをしっかりと認識したいです。

吉本:「自分を塗り替える!」というテーマのインターンですが、あなたの乗り越えるべき弱さはなんだと思いますか?

石川さん:乗り越えたいと思う弱さはたくさんありますが、その中でも「自主的に行動できない所」をまず乗り越えたいです。やらなければならないと思うことがあっても、誰かに言われたり、周りの人が動きだしたりするまで行動出来ないのが今の自分です。

これを乗り越えることが出来れば他の弱みの克服にも繋がると思うので、まずここから向き合っていきたいです。

吉本:どんな40日間にしていくか?意気込みをお願いします!

石川さん:自分自身と徹底的に向き合い、自信を持てる自分になれるような40日間にしていきたいです。せっかくこうして自分が変わることの出来るチャンスを与えていただいたので、絶対に無駄にはしたくないです。
そのために妥協せず、目の前のこと1つ1つと全力でぶつかっていきます!
みなさん素晴らしい・・・!!

参加者紹介③

そして最後は畑瀬有宏くん!

null

京都産業大学経営学部で、全国大会準優勝した野球サークルに所属している、ゴリゴリの野球少年。ちなみに見た目もThe野球少年。だけどバイトは結婚式場というギャップ。

そんな彼の参加目的は「利他性を持つこと」
気になりますね・・・聞いてみましょう!

吉本:Re:paintの参加目的は?

畑瀬くん:シンプルに!自分の弱さと向き合い、克服するためです!

吉本:「自分を塗り替える!」というテーマのインターンですが、あなたの乗り越えるべき弱さはなんだと思いますか?

畑瀬くん:私はこれまで自己中心的で利己的で、自分の近しい人にしか興味がなく、自己投資や自分の身になることなどには意欲的なのですが、それが他人のこととなると、いつもどうも意欲が湧いてこない。

そして、自分が少しでも「もういいや・・・」と思うとそこでやめてしまう癖があるところです。

吉本:どんな40日間にしていくか?意気込みをお願いします!

畑瀬くん:このインターンを通して、自分の方ばかり向いていた矢印を他者に向けれるようになり、自分の周りだけの狭い視野ではなく、より広い視野をもって行動できるになりたいです。より多くの人と関わり、その人たちのために考え行動できるようになるのが理想です。

私は過去に一度、就活生に向けたイベントを開催しています。なので、その経験も生かして自分なりに工夫した人との関わり方ができればと思っています。

終わりに

3人とも参加目的が非常に明確で、正直驚きました・・・!

次回はRe:paintの40日間を終えた彼らの姿をお伝えいたします!
どんな成長を見せてくれるのか、これからの彼らが楽しみです!

それではまた!

LINE@登録はこちら